ONKYO M-8000




聞いたこと無いパワーアンプだとおもいます。当然です。
デバイスにパワーモジュールを使った、普及品で、雑誌当のカタログにも載らなかったとおもいます。
しかしながら、左右独立電源なので、KA-7300と同じです。評価してやってください。

  1. メーターが振れる



    ちゃんと、メーターが動きます。インジゲータは駄目みたい。
    音以外のパフォーマンスは十分です。サイドパネルのヒートシンクは、内側に山洋のパワーモジュールが貼ってあるので、意味がありますが、正面パネルのは、「だて」です。
    メーターをぶつけないように保護しているとか、、
  2. 半分は、メーターを振らすための電子回路



    真中に、左右それぞれのトランスが2個、左右のヒートシンクに、三洋のパワーモジュールと、その回路、正面真中のは?メータ振らすためです。
  3. 三洋のパワージュール



    メンテナンスといっても、メンテナンス不要のパワーモジュールゆえに、換えるとすれば、信号系では、見えている2朮本の電解コンデンサーのみ!


メーター振れるのというのは、@に重要な機能だとおもいます。
これだけシンメトリックな左右独立電源というのは、近年だと、パイオニアのA−05くらいだとおもいます。

音楽鑑賞へ

音楽ソフトへ

音楽鑑賞のスピーカへ

プレーヤへ

PIONEER C21の修理へ

ONKYO P-303の修理へ

TORIO KA7300の修理へ

総目次へ

return

次は決まっていない、、

平成13年11月29日 de jp3exe ex je2egz, no limit.