115168362

(c)jp3exe - 画像素材 PIXTA -


wpx dxcc

注意:ニコンのF100は、良く売れたフィルムカメラです
だからといって、あなたが持っているとは限りませんが
もし持っていたら、いろんな理由で現役です

単三電池で動くニコンのF100

ニコンのコンパクトデジタルカメラで、単三電池で動くのが、まだアマゾンで買えます。
その同時期開発の一眼レフフィルムカメラがF100で、実によく売れました。
カメラが使えなくなってしまう、一番のウィークポイントは露出計のカメラ専用電池の品切れです。
オリンパスのOM1の露出計の電池、一時まったく入手不能で、アダプタやら互換電池やらで凌いでいました。
その後の一眼レフでは、コンタックスなどCR2といったカメラ用電池とまでいわれたカメラ屋にしかおいてない一次電池を探す毎日でした。。
自動巻き上げだ、自動露出だ、オートフォーカスだと機能が追加されているうちに、そのカメラ専用一次電池を求める毎日でした。
そのうち、デジタルカメラになり、一次電池では駆動できなくて専用の二次電池を内蔵するようになりました。。
その中で四半世紀と長い間単三電池で動くニコンのコンパクトデジタルカメラが売られています。
その狭間でしたが、フィルムカメラの最後のベストセラー、F100は単三電池で動きます。
F100は、もう売ってるわけないですが、仕舞ってあれば使える可能性の高いフィルムカメラです。
用語:


その後ニコンはデジタル一眼、ミラーレスへと進化を続けていますが、
このF100には、D500、D850の左上機能ダイヤル、丸ファインダー、グリップが備わっています。
唯一残念なのが、内蔵フラッシュのないことです。

tansan
↑仕舞ってあれば使える可能性の高い、電池の次の理由は縦膜機械シャッター(ギロチン)です。
これは、今のデジタルカメラでも最上位機種でしか備わっていないものが備わっていて、1/8000秒のシャッター、ストロボのシンクロスピードを稼いでいます。
フィルム時代の普及機は横幕布シャッターが多かったですが、手巻きに都合がよい機構ではあったけれど劣化しやすく高速化も無理で、なにしろスローシャッターで振動のぶれがひどかったです。
灰になるまで
Until it's reduced to ashes.

US site here




過去の遺産↓


Now JJ0WAJ



wpx
115133317

(c)jp3exe - 画像素材 PIXTA -

令和4年1月20日 に作ったきり、、