79301998

(c)jp3exe - 画像素材 PIXTA -


6N-FE88ESのダブルバスレフ

今の時点で、音的には、私の最高傑作です。


内部構造は、こちら

  1. ユニットをとりつける

     
    なんつー不細工な穴なんだと、思われたかもしれませんが、ぎりぎりの穴でないと、フレームをしめつけるバッフルが残らないという、きわどいフレームをしています。マニュアルどおりだと、円+ケーブルを通す部分で、前方後円墳みたいな穴あけになります。

  2. 記念撮影

     
    なかなかの見栄えなんですが、いたずら防止にグリルをつけるので、これが見納めです。  

  3. のっぺりとした容姿

     
    特徴は、漠然としたこの形状か??  

    比較しやすいように、FOSTEX純正の箱=E82と積み重ねました。  


肝心な、「音」なんですが、音像、定位、は8cmの強みですが、それ以上にESコーン特有の響きの伴った高域(FEのクセの反対)が、すっと伸びていて、上質です。ダブルバスレフの効果で、厚みも備わっており、私の持ち物の中では、「最高傑作」となりました。
店に展示してあるFE88ESは、ほとんどがバックロードで、ホーンが長くて、低音が遅れる、中抜けの傾向にありますが、このダブルバスレフは、その点バランスが良いです。
箱は、人が作ったものを譲り受けたので、再現性は「ゼロ」ですが、反面そうした偶然の所有物なので、「宝くじを当てた」気分になりました。数打ちゃ当たるの典型です。
これ、私の知っている範囲、聞いたことのある範囲では、ヒノの箱に入ったローサーなみの音がします。
こうなると、次なる展開が苦しいです。もう一組の6N-88ESが、あったりするんだな。

箱をF120Aに供出しました

ユニットをD-10に供出しました。



音楽鑑賞の目次へ戻る

音楽鑑賞用スピーカの目次へ戻る

FEシリーズの目次へ戻る

FEシリーズの小型ユニットの概観比較

総目次へ戻る

return


79302009

(c)jp3exe - 画像素材 PIXTA -

平成13年11月29日 de jp3exe ex je2egz, no limit.