Homebrew C-L-C QRP Antenna Tuner
Cryptic letters are codes for Japanese/Chinese characters. English readers may skip them.
C-L-C 型のアンテナチューナです。反射波の電力を表示するメータがついてい ます。反射電力が最小になるように調整をします。自分の無線機の出力はもと もと知っているわけですから、進行波の電力表示は省いてあります。ポリバリ コンが二つと、トロイダルコアに巻いた、タップが12点あるコイルでできてい ます。バランが内蔵されているので、下の図に示すように不平衡型のアンテナでも 平衡型のアンテナでも接続できます。
This is a C-L-C type tuner with a reflected power indicator. Tuning is done for minimum reflected power. Forward power indicator is omitted because I know the output power of my transceiver anyway. Two plastic-variable capacitors and a twelve-tapped toroidal inductor are used. Either unbalanced or balanced antenna can be used with a help of built-in balun as shown in the figure at the bottom. This design is very similar to that of St. Louis Tuner.

MINOWA, Makoto
Last revised 1997-10-02.