TIARA

Tokyo International Amateur Radio Association

7J1YAA / 7J1YAB

TIARA 40th Anniversary

Closing remarks from Bill 7J1AAB

When I was asked to offer some closing remarks, I thought about what TIARA has meant to me, personally, during my 33 years in Japan. I found that this club has meant more than I can possibly express in this short speech.

過日、閉会のあいさつを依頼された際に、日本に来てから33年の間、TIARAが私個人にとって何を意味するかを考えてみましたが、この短いスピーチでTIARAが意味するものは何かを説明することは到底できません。

When I arrived in Japan as a young man in my late 20’s, not knowing anyone and knowing nothing about Japanese culture, TIARA was an oasis of friendship and camaraderie for me. Back then, as now, there is nothing better than ham radio to bridge the gap between people and cultures.

私は20代後半で日本に来ましたが、知人もなく、日本の文化についても全く知りませんでした。TIARAは、私にとって、友情のオアシスであり、また、私が心を許せる仲間たちのオアシスでした。当時も、そして現在でも、人と人との溝や文化の違いを埋める架け橋として、アマチュア無線に勝るものはありません。

During the last century of amateur radio, we hams have made a remarkable contribution to the history and technology of communications. We’ve helped to bridge the vast distances between people around the world, between the land and ships on the seas, bringing people and nations closer together. As you can see, communications have come a long way from the days of lighting signal fires on mountain tops.

過去一世紀にわたるアマチュア無線の歴史において、私たち、アマチュア無線家は、通信の歴史および技術に大いなる貢献をしてきました。そして、人々や様々な国の絆をさらに深めながら、世界中の人々が、また、陸上と海上にいる船が、無線によって遠く離れた者たちが通信できるよう協力してきました。既に皆さんもご存知のとおり、通信手段は山々のいただきで「のろし」を上げていた時代から大きな発展を遂げました。

Today any teenager with a cellphone can contact Madrid or Mozambique. And now, with CNN and the internet available everywhere, it would seem that there is little need for ham radio.

今日では、十代の誰もが、携帯電話で、マドリッドやモザンビークの人々と話すことができます。また、CNNやインターネットをどこにいても利用でき、アマチュア無線が、ほとんど必要ないように思えます。

A number of us here tonight are “old timers”—not simply by virtue of our age, but as a result of our decades-long involvement in amateur radio. It is easy for us to grow nostalgic for the “old days” of ham radio when CW was the main mode of operation and working far away stations was an adventure. But I am not here to tell you that we are all fossils and that our hobby is fading like the setting sun.

今夜、この場にいる私たちの多くは、“オールドタイマー”であり、単に年齢を重ねているということからでなく、数十年に亘って、アマチュア無線に関わってきたことの結果として、ここに集っているのです。電信(CW)が主な運用形態であり、遠く離れた無線局との交信が冒険であった頃の、アマチュア無線の“古き良き時代”へのノスタルジーに陥ることは簡単ですが、私は、私たちが化石化し、私たちの趣味が沈む太陽のように消えていくであろうことを言うために今ここにいるのではありません。

Today we have access to an incredibly wide range of digital modes, new technologies and increased frequency allocations. We are able to communicate with increased reliability across a city, region, country, continent, the world, and even into space. I’m hoping the next Mars lander will carry some form of amateur radio.

今では、驚くほどの広範囲のデジタルモード、新しいテクノロジー、幅広い周波数を利用できます。市内、地域内、国内、大陸内、国際的、そして宇宙との、より信頼度の高い通信を行うことができます。私は、次の火星着陸機が何らかの形でのアマチュア無線機器を搭載することを期待しています。

This capacity to communicate with increased reliability makes our ham radio activities more relevant and necessary than ever before—especially in these most challenging times as we face increasing natural disasters and great political and financial instability on a worldwide scale.

特に、多くの自然災害や世界的な規模で起こっている政治および経済不安に直面している、このような困難な時代においては、この高い信頼性を持った通信能力によって、私たちのアマチュア無線活動が今まで以上に重要かつ必要となってくると思います。

As we near the conclusion of this 40th anniversary party, and as we look to the future of TIARA, I’m reminded of something said by Viktor Frankl, a great 20th century psychiatrist and philosopher. He said, “No matter what we have already experienced in life, no matter how advanced our years, we should live with the attitude that our greatest challenge, our greatest achievement, our greatest contribution in life is yet to come—it still lies before us.”

この40周年記念のパーティーも終わりに近づいていますが、TIARAの将来を展望すると、私は、20世紀の偉大な精神科医であり哲学者であったビクトール・フランクルの言葉を思い出します。“私たちが人生ですでに経験したことがなんであろうと、私たちがいかに年齢を重ねようと、私たちは、まだ人生における、最大の困難、最大の達成、最大の貢献は、これからであり、私たちの前にあるという姿勢で生きていかなければならない。”と彼が言ったことを。

I believe that TIARA’s best years are yet to come, and I’m looking forward to celebrating many future anniversaries with you. I’m confident that our club will continue as an oasis of friendship and camaraderie and I am proud, as I am sure you are too, to be here tonight to share this moment together with all of you.

私は、TIARAにとっての最高の年は将来にあり、これから先、何度も記念日を皆様と共に祝えることを楽しみにしています。私は、このクラブが、友好と友情のオアシスとして継続することを確信しています。皆様もそうでしょうが、今夜ここで皆様全員とこの時間を分かち合えることを、誇りに思っています。

Thank you very much !!!
August 25, 2012, by 7J1AAB